キチママ全書

恐るべきキチママの生態をまとめてみました。

    衝撃的な出来事

    私が中学生の時、年の離れた兄が結婚。 
    兄嫁妊娠、産まれた甥っ子はどう見ても金髪ハーフ。 
    でも色素異常かも、と一応検査。
    当然婚外子、実子で無い証明を届け離婚。 

    その後、私は結婚、夫の兄が出来婚しかける。 
    相手が子持ち×1と聞いていたが、お相手と義実家で顔合わせしてお互いビックリ。 

    049



    「あっ!!!!!」「@pkjhgfdさ」 
    子供は第一子の金髪ハーフ君(仮甥・14歳)だけではなく、
    黒人ハーフ君、日本人(?)ちゃんの3人。 
    どう見ても3人とも父親はバラバラ。
    ×1って事は、下の二人は婚外子。 
    離婚歴があって、子供がいても本人の人間性さえ良ければ問題ない、と言っていたが流石にドン引く義両親。




    【兄が結婚→生まれた子供がハーフ→離婚。数年後。私の夫の兄が婚約→元兄嫁登場!しかも子供が3人に増えてるw】の続きを読む

    昨日、3歳&6ヶ月の娘を連れてママ友さんちに遊びに行った。 
    ママ友さんの息子(小一)も、行事の代休で休みだとかで、一緒に遊んだ。 
    ところがこの子がやんちゃすぎて引きまくってしまった… 
    6ヶ月娘にべたべた触り、手足を乱暴にぶんぶん引っ張るし、無理やり抱っこして落としかけるし 
    ほっぺにチュッチュチュッチュしてきやがった!!! 



    あわよくば口も、という勢いだったので、「ごめんねー顔近くて怖がっちゃうから」と引きつり笑顔で遠ざけたが 
    ママ友は「この子本当に赤ちゃん大好きだからー」と注意するでもなくニコニコ。 
    さすがに、ミニカーで娘を叩いたり、机の上に素足で仁王立ちしてたときは叱っていたが。 

    【育児アドバイザーの資格を持つママ友の家に遊びに行ったらそこの息子が気持ち悪かった・・・】の続きを読む

    うちはモルモットがいるため、夏場はエアコンを入れっぱなしにしている。 
    もちろん、モルモットの熱中症対策の為。 
    しかも、便利なことに、電力会社に登録しておけば
    指定区域で停電が起こったら携帯にメールが届くように設定してある。 

    先日、仕事中に住居区の停電がメールで知らされたため、一時的に帰宅した。 
    なぜか玄関が開いており、部屋では知らない子供3人が床にシートを広げてお弁当を食べていた。

    aomidori0I9A8522_TP_V


    エアコンは再始動され、テレビもついてた。 
    だまって、立ちすくんでたら、3人ともお弁当放り出してバタバタと退出。 
    意味が分からず後を追うと、私の下駄箱から自分たちの靴を出して履いて帰った。 
    モルモットは、巣でひっくり返って爆睡してた。 

    【昼間家に帰ると知らない子供が3人でお弁当を食べていた。意味が分からず警察と大家に連絡するとうちのカギが盗まれていて・・・】の続きを読む

    結婚して初めて年末年始に旦那の実家に帰省したとき、
    ミステリの本を2冊持って行ってた。
    まだ独身で自宅警備員だった義姉がそれを見つけて
    自分もミステリファンだと言い
    「どっちか読んでる間に一冊貸して」と言われた。

    PAK82_gannbattekudasai1039_TP_V


    旦那から義姉は根性が腐ってるから気ぃつけろよと言われてたけど
    そうでもないじゃん・・・と思ってどーぞどーぞと貸してあげたら
    「面白くて一気に読んじゃったわー」と翌日には返してくれた。
    ずいぶん早いなとは思ったけど、喜んでくれたのなら良かったと思った。



    【義姉にミステリ小説を貸してあげた。返してもらって私が読みだすと、黄色の蛍光ペンで人名にラインが引いてあって「こいつ犯人」「こいつは無関係」とか書いてあった…】の続きを読む

    家を購入した時、何だかんだで手元に数百万用意することになって 
    郵便局行って現金出してもらう手続きしてたんですよ。 
    窓口から「○○さーん」って呼ばれたので言ってみると、誰やら知らない人が 
    先に立ってる。 
    窓口の人と私でポカーン( ゚д゚ ( ゚д゚ )状態、 

    TKBokooko_TP_V


    窓口「あのーアナタ○○さんじゃありませんよね?」 
    私 「あのー私が先ですよ?」(←状況を把握していなかった) 




    【郵便局で数百万円引き出した。窓口から呼ばれたので行くと知らないおばさんがたっていた。】の続きを読む

    このページのトップヘ